スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドカード

こんにちは。

サウンドカードですが,色々迷走した結果,TitaniumHDに戻しました。

以下はすべて使った感想です.

・Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2
安くて,かつ,設定できる項目が豊富でコストパフォーマンスはかなり良い。

ただ,OS側のサウンドの設定でステレオしか選べないため,左右の定位感は掴めても,前後はわかりづらかった。

初心者には向いているが,ガチ勢には物足りないかもしれない。

・SounBlasterZ
価格は約1万で,ZxRやTitaniumHDと比較すると安価。

設定項目などのインターフェース部分は不満なし。

ただし,AVA中に突発音や,そもそも音がすべて出なくなるなどの不具合が頻発した。
AVA以外ではこの問題は発生しなかった。(約2ヶ月使用した結果)

ドライバを再インストールすることで,一時的には解決したが,根本的には直らなかった。OS側を5.1chに設定すると,この問題が出るとか出ないとか・・・
ただ,OS側をステレオにしてしまうと,前後の定位感が悪くなるのでどうしようもなかった。

この問題については,Creativeに問い合わせてみる予定。

最後にTitaniumHDと比較してみた結果,定位感はTitaniumHDの方が掴みやすかった。(もちろん,これは使用しているヘッドホンによるので,個人的意見)

追記
PAXドライバーを入れるとこれらの不具合が解決するということを聞きました。
私は入れてないのでわかりませんが,試してみる価値はあるかもしれません。
なお,PAXドライバーは公式ではありませんので,自己責任でお願いします。

・Sound Blaster X-Fi Titanium HD
価格は高いが,現状のサウンドカードの中で最も安定していると思われる。

上2つのサウンドカードと比較すると,音質が非常に良い。

オーディオモード,エンターテインメントモード,ゲームモードの3種類があり,
ゲーム以外の用途でも役立つ。

Zのように音が出なくなるなどの不具合は一切出ず,安定してプレイできた。

CMSS-3Dという機能は,AVAでは必須と思うくらいに定位感を掴みやすくなる。

一つだけ不満があるとすれば,ゲームモードにすると,SV(スマートボリューム)の調整ができなくなるということ。

SVM(スマートボリュームマネジメント)はON/OFFの切り替えしかできず,その中間が設定できない。

以上が使ってみた感想です。

個人的に薦めるなら,
初心者には Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2
ガチ勢には Sound Blaster X-Fi Titanium HD

SoundBlasterZはAVAに使用するにあたり,不具合が多くてオススメできません。
解決できれば良いサウンドカードだと思うのですが・・・

だれかの参考にでもなれば幸いです。


スポンサーサイト

SoundBlasterZの不具合

そろそろZを使い始めてから2週間経つから,感想をちょっとだけ.

前にも書いたけど,インターフェース面は TitaniumHD より優れているというのは変わらなかった.

ただ,TitaniumHDの時にはなかった不具合が発生中.

・突然音が全く聞こえなくなる(AVA,ボイチャ含むすべて)
・変な音が一瞬聞こえる
・マイクON時に雑音が入る(PC350との相性問題ぽい)

変な音が聞こえるのは我慢できるけど,音が全く聞こえなくなるのは困る.
まだ一回しか発生してないけど,頻発するようなら考えないといけないかも.

マイクはマザボの入力端子に変更して解決.(何のためのサウンドカードなのかw)

やっぱ,こういうところは安いからしょうがないのかなあ~.
他の人のレビュー見てると,同じような現象が起きてるっぽい.
何か解決策あればいいけど.

TitaniumHDではこういった不具合は一切なかったので,高いだけあるなと再実感した.

なんというか,SoundBlasterのサウンドカードはどれも一歩足りないというか・・・
次の世代のサウンドカードに期待するしかないかな.

SoundBlasterZ 購入

SoundBlasterZ を購入しました.
(画像はhttp://jp.creative.com/p/sound-blasterより引用)

Z.png

今まで使用していたX-Fi Titanium HDの方が値段が高く,評価も高いです.
私としても X-Fi Titanium HD は素晴らしいサウンドカードだと思います.

ただ,「SVMの強度を調整できないこと」に不満がありました.

AVAでなるべく遠くの音を聞こうとすると音量を大きくしなければならず,
自分の銃声や手榴弾の音が爆音になってしまいます.

そのような問題を解決する手段としては
【イコライザを調整する】【SVMを使う】などが挙げられます.

イコライザを調整するのは勘と手間が必要になる上に,使用する銃によって周波数帯域は異なるので有効とは言い難いです.

次にSVMですが,SVMは小さい音を大きく,大きい音を小さくします.
よって,遠くの音を聞きやすくし,かつ,自分の銃声を小さくするため耳に優しい機能です.ただし,音量が平均化されるために,遠近感がゼロになります.
すぐ近くにいると思っても,実はかなり遠くにいたりと,決め撃ちや駆け引きが難しくなります.

よって,遠くの音を聞きやすくしつつ,距離感も損なわないのがベストです.
そのためにはSVMの強度を調整することが必要だと考えます.

しかし, X-Fi Titanium HDではSVMのON/OFFしかできないんです.
(オーディオモードではできるのに,ゲームモードではできないなんて・・・)

そこで,SVMの調整ができるインターフェースを持つ SoundBlasterZ を購入しようと思いました.

正確には,SoundBlasterZ では SV(SmartVolume) という機能らしいです.

ZSVPNG.png

実際に SoundBlasterZ のSVを調整してみた結果ですが,
遠くの音を聞きやすくしつつ,距離感も損なわない ことの両立は可能だとわかりました.(あくまで私の主観ですので)

さらにうれしいことに,Surroundの調整まで可能となっており,より自分好みの音に調整できます.

まだ使用して日が浅いので,これから何か問題がでるかもしれませんが,今のところは SoundBlasterZ に乗り換えようと思います.

ちなみに音質についてですが,ややX-Fi Titanium HDより劣っていると感じますが,誤差程度です.

サウンドカードを購入しようと考えている人は,インターフェース部分もちゃんとチェックしておく必要があると思います.ただ単に 「高額なサウンドカード=AVAに最適」というわけではありません.

私個人としては X-Fi Titanium HD より,SoundBlasterZ の方が,インターフェースが優れている分,AVAには向いていると思います.(こんなこと言うのは私だけ?)

Zを買うならZxRを買ったほうが良いという意見もありますが,AVAに使用するならZで十分では?と思います.ZxRを使用したことがないのでなんとも言えませんが・・・

あと,AVAにだけ使用するということであれば,安くてインターフェースが優れている
Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 がいいと思います.

Surroundに,SVもあるようですし(使用したことがないので音質等はわかりません)

ZじゃなくてSound Blaster X-Fi Go! Pro r2 でもいいかなとは思ったんですが,USB接続はちょっと抵抗があったのと,音質がどの程度かわからなかったのでやめました.

長くなりましたが,以上です. 誰かの参考にでもなれば幸いです。。。

BlackWidow

本日新しいキーボードが届きました.
RazerのBlackWidowというゲーミングキーボードです.

青軸のメカニカルスイッチなので,カチカチと音が大きめです.
今まではメンブレンのふにゃふにゃしたスイッチだったので,押す感覚はかなり変わりました.

使い込んでみて,今後どちらを使うか決める予定です.
ちなみに前のキーボードの10倍のお値段です(^ω^)

少し使った感想としては
・メンブレンに比べて,スイッチを押す瞬間をはっきりと認識可能
・打鍵音は大きいが,VCには影響なし
・ゲーミングモードという特殊な設定が可能(ゲーム中はウィンドウズキーを無効化など)
・キーが軽い分,反発力が小さく,同じキーを二回押した際に正しく入力されないときがある(練習次第)
・キーを押すのに力はいらないが,腕がなぜか疲れる(個人的感想)
・Razerの緑LEDカッコイイ(ここ大事)

率直に言うと,良い部分もあれば悪い部分もあり,今後使い続けるかは即断できないですね.
茶軸とか静電容量無接点方式のやつとかも使ってみたいですね.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。