FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SoundBlasterZ 購入

SoundBlasterZ を購入しました.
(画像はhttp://jp.creative.com/p/sound-blasterより引用)

Z.png

今まで使用していたX-Fi Titanium HDの方が値段が高く,評価も高いです.
私としても X-Fi Titanium HD は素晴らしいサウンドカードだと思います.

ただ,「SVMの強度を調整できないこと」に不満がありました.

AVAでなるべく遠くの音を聞こうとすると音量を大きくしなければならず,
自分の銃声や手榴弾の音が爆音になってしまいます.

そのような問題を解決する手段としては
【イコライザを調整する】【SVMを使う】などが挙げられます.

イコライザを調整するのは勘と手間が必要になる上に,使用する銃によって周波数帯域は異なるので有効とは言い難いです.

次にSVMですが,SVMは小さい音を大きく,大きい音を小さくします.
よって,遠くの音を聞きやすくし,かつ,自分の銃声を小さくするため耳に優しい機能です.ただし,音量が平均化されるために,遠近感がゼロになります.
すぐ近くにいると思っても,実はかなり遠くにいたりと,決め撃ちや駆け引きが難しくなります.

よって,遠くの音を聞きやすくしつつ,距離感も損なわないのがベストです.
そのためにはSVMの強度を調整することが必要だと考えます.

しかし, X-Fi Titanium HDではSVMのON/OFFしかできないんです.
(オーディオモードではできるのに,ゲームモードではできないなんて・・・)

そこで,SVMの調整ができるインターフェースを持つ SoundBlasterZ を購入しようと思いました.

正確には,SoundBlasterZ では SV(SmartVolume) という機能らしいです.

ZSVPNG.png

実際に SoundBlasterZ のSVを調整してみた結果ですが,
遠くの音を聞きやすくしつつ,距離感も損なわない ことの両立は可能だとわかりました.(あくまで私の主観ですので)

さらにうれしいことに,Surroundの調整まで可能となっており,より自分好みの音に調整できます.

まだ使用して日が浅いので,これから何か問題がでるかもしれませんが,今のところは SoundBlasterZ に乗り換えようと思います.

ちなみに音質についてですが,ややX-Fi Titanium HDより劣っていると感じますが,誤差程度です.

サウンドカードを購入しようと考えている人は,インターフェース部分もちゃんとチェックしておく必要があると思います.ただ単に 「高額なサウンドカード=AVAに最適」というわけではありません.

私個人としては X-Fi Titanium HD より,SoundBlasterZ の方が,インターフェースが優れている分,AVAには向いていると思います.(こんなこと言うのは私だけ?)

Zを買うならZxRを買ったほうが良いという意見もありますが,AVAに使用するならZで十分では?と思います.ZxRを使用したことがないのでなんとも言えませんが・・・

あと,AVAにだけ使用するということであれば,安くてインターフェースが優れている
Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2 がいいと思います.

Surroundに,SVもあるようですし(使用したことがないので音質等はわかりません)

ZじゃなくてSound Blaster X-Fi Go! Pro r2 でもいいかなとは思ったんですが,USB接続はちょっと抵抗があったのと,音質がどの程度かわからなかったのでやめました.

長くなりましたが,以上です. 誰かの参考にでもなれば幸いです。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。