スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サウンドカード

こんにちは。

サウンドカードですが,色々迷走した結果,TitaniumHDに戻しました。

以下はすべて使った感想です.

・Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2
安くて,かつ,設定できる項目が豊富でコストパフォーマンスはかなり良い。

ただ,OS側のサウンドの設定でステレオしか選べないため,左右の定位感は掴めても,前後はわかりづらかった。

初心者には向いているが,ガチ勢には物足りないかもしれない。

・SounBlasterZ
価格は約1万で,ZxRやTitaniumHDと比較すると安価。

設定項目などのインターフェース部分は不満なし。

ただし,AVA中に突発音や,そもそも音がすべて出なくなるなどの不具合が頻発した。
AVA以外ではこの問題は発生しなかった。(約2ヶ月使用した結果)

ドライバを再インストールすることで,一時的には解決したが,根本的には直らなかった。OS側を5.1chに設定すると,この問題が出るとか出ないとか・・・
ただ,OS側をステレオにしてしまうと,前後の定位感が悪くなるのでどうしようもなかった。

この問題については,Creativeに問い合わせてみる予定。

最後にTitaniumHDと比較してみた結果,定位感はTitaniumHDの方が掴みやすかった。(もちろん,これは使用しているヘッドホンによるので,個人的意見)

追記
PAXドライバーを入れるとこれらの不具合が解決するということを聞きました。
私は入れてないのでわかりませんが,試してみる価値はあるかもしれません。
なお,PAXドライバーは公式ではありませんので,自己責任でお願いします。

・Sound Blaster X-Fi Titanium HD
価格は高いが,現状のサウンドカードの中で最も安定していると思われる。

上2つのサウンドカードと比較すると,音質が非常に良い。

オーディオモード,エンターテインメントモード,ゲームモードの3種類があり,
ゲーム以外の用途でも役立つ。

Zのように音が出なくなるなどの不具合は一切出ず,安定してプレイできた。

CMSS-3Dという機能は,AVAでは必須と思うくらいに定位感を掴みやすくなる。

一つだけ不満があるとすれば,ゲームモードにすると,SV(スマートボリューム)の調整ができなくなるということ。

SVM(スマートボリュームマネジメント)はON/OFFの切り替えしかできず,その中間が設定できない。

以上が使ってみた感想です。

個人的に薦めるなら,
初心者には Sound Blaster X-Fi Go! Pro r2
ガチ勢には Sound Blaster X-Fi Titanium HD

SoundBlasterZはAVAに使用するにあたり,不具合が多くてオススメできません。
解決できれば良いサウンドカードだと思うのですが・・・

だれかの参考にでもなれば幸いです。


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

AVAって去年の夏ごろにサラウンド非対応になったのではありませんでした?

Re: No title

コメントありがとうございます。
去年の夏にサラウンド非対応になったのは確かだと思います。
ですが,現在でも設定によって音の聞こえ方が変わるのは事実です。
・OSのスピーカー設定をステレオから5.1chもしくは7.1chに変える
・サウンドカードの機能をONにする(サラウンドやCMSS-3D)
少なくとも私はこれらの設定変更により,音の定位が掴みやすくなりました。
ただ,主観によるところが大きいので,自分に合った設定を探すのが一番だと思います。

No title

そうなんですね
音に関しては好みだと思いますのでもちろん、それも有りなんだと思いますが、あれ?今でも一般的にもサラウンドのほうがいいんだっけ?って思ったのでコメントさせてもらいました
ありがとうございます
僕もしばらく設定確認放置してるので色々試行錯誤してみようと思います

No title

お節介かもれませんが,OS側のスピーカー設定を変更した際は,AVAを再起動しないと設定が反映されないかもしれないのでお気をつけください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。